生やす以外の薄毛の誤魔化し方は

薄毛の誤魔化し方に植毛をする方法がありますが、人工的な毛髪を用いる場合ですと物理的に量を増やすことが可能です。
自毛を植えるという方法もあるものの、自身の髪の毛を移植するゆえに限度があります。
人工毛髪ならいくらでも増やすことが可能ですので広範囲の薄毛の場合でも改善することができます。

なお、人工毛髪を用いた植毛方法には種類があり、まず既存の髪の毛に特殊な技術によって装着する方法があります。
自毛に取り付ける形になる為、ある程度の髪の量が必要になりますが、自毛に馴染ませることができますので自然な仕上がりです。
特殊なシートに人工毛髪を植え込み、それを頭皮に貼り付けるという方法もあります。この方法の場合は薄毛が広い範囲の場合でも人工毛髪によってボリュームをアップさせることが可能です。
またシートに人工毛髪が植え込まれている為に、自毛に装着する方法よりも髪の毛への負担を小さくすることができます。

カツラによって薄毛を誤魔化す方法も定番です。

カツラで薄毛を誤魔化す

植毛の場合ですと何度かの施術を行わないとボリュームが十分に出ないことがありますが、カツラの場合ですと瞬時にボリュームをアップさせることが可能です。
自分で装着したり取り外したりすることができるという良さもあります。
その為、ヘアケアをしっかりと行うことができますし、人工毛髪による植毛のように異物を付けている感じがあるのが苦手な場合にも適していると言えるでしょう。
植毛にもカツラにも共通していることですが、昨今の人工毛髪は非常にクオリティが高くなっていると言われています。
見た目も艶感も本物そっくりとなっており、濡れた時にも自然さがあります。
その為、いずれの施術でも違和感を受け難く薄毛を誤魔化せるはずです。